ホーム > お知らせ一覧 > 日本建築学会研究結果発表について
2011年9月26日

日本建築学会研究結果発表について

平成23年8月23日に開催された日本建築学会大会において「壁装材料の燃焼性状に関する研究」の研究結果が発表されました。

この研究は日本壁装協会の「下地の研究会」と「技術委員会」で実施した、 壁紙及び壁紙用接着剤等の発熱性試験(コーンカロリーメーターとボンブカロリーメーター)を比較したものです。

この研究結果からは、コーンカロリーメーターとボンブカロリーメーターの発熱量の比例的な相関性を示すとともに、 原材料の発熱量と素材構成から壁紙の発熱量の推定が可能であることがわかりました。

発表資料1 壁装材料の施工に用いる接着剤等の燃焼性状に関する研究

発表資料2 壁装材料の燃焼性状に関する研究

   
このページのトップへ
Get Adobe® Reader®

PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Systems社のAdobe® Acrobat®もしくはAdobe® Reader®(無料)が必要になります。
Adobe Systems社のサイトから最新のAdobe® Reader®を無料でダウンロードすることができます。